2015年11月22日

HQ183話感想など

表紙&巻頭カラーおめでとうございます!!vvv もちろん昨日読んでました。休みだったんで電子版購入しましたが、やはり紙の方も買いました!! ふおお変人コンビーーーーー!!vvvvv 表紙見てるだけでテンション上がりますね!!
と思ったら見開きフルカラー扉絵は白鳥沢オンリーで!! あ、この前の一人で立ってた白鷲とウシワカちゃんの“その次”ってことなんですね、きっと^p^  天童くんと五色くんが、らしくて可愛いvv

しかし!! 内容はやっぱり落ち着けなかった!!
けど、烏養さぁぁぁぁん!!vv カッコイイよおおおお!!vvv この状況で、この今の立場で、一番“ふさわしい”言葉を、与える!! 選手たちと一緒になって飛んでいる人だからこそ、出来る鼓舞。指導者としてはこっちもまだヒヨッコだけど、確実に成長していってるんだなあと頼もしく思えましたvvv
驚いてる武田先生と翔陽ちゃんがメンコイvvv
そして、スウッと落ち着くコート上vvv 飛雄の表情が描写されてないけど、多分、悔しそうにしてる・・・・かな?
そんなところでサラッと美味しくツッキー復帰!! なにこの期待集中度!! 主人公以上じゃん!!(笑) でも本当に待ってた!!vvv 相変わらず「白鳥沢マッチポイント」で崖っぷちなの変わらないけど、やっぱりホッとするのも確かだね^o^ いつも傍観者の位置から見てるような彼が焦りを含んだ顔で急いできてるのを見て、新鮮に思えるし、バレーに本当にハマってるって分かるのがイイね^p^

ここで来たよ鷲匠監督の過去エピソード!! ああ、この方針の根底はこれだったんかー・・・・・と納得。自分には無いものへの信奉だったのか。羨み妬みながらも自分も強く渇望する強さ。今、それは『牛島若利』という存在が具現化している。だから牛島を軸としたチーム作りに迷いが無いんだね。
当の牛島は、みんなが繋いでくれるボールに込められた期待に全力で応えたいと思ってプレーしてるから、ぴったり合わさってるのな。
でも、一つだけ、鷲匠監督はそれって『自分が持ってるもの』を否定するところから始まってる、そこが切ないかなあ。烏野は『自分が持つもの』を肯定するところから始まってるから。大地さんもスガさんも、そして日向も。私は真っ先に日向より大地さんを思い浮かべたけど^^ 身長もっと欲しいけどなかなか伸びないし・・・・・って、大地さん思ってたシーンあったよね。

日向は・・・・・フラストレーション溜めまくってるよね〜〜。目の前で見せ付けられて。飢えた小さなケモノ発動は次号かな?^o^
posted by 大空綾 at 19:54| Comment(0) | 日記

2015年11月16日

ハイキュー182話

白鳥沢14−13烏野!! 第5セット白鳥沢マッチポイント!!  待て次号!!

いやいやいや;; ちょっと待って!! ここで今週終わりとか;;  ひいぃぃぃぃぃ〜〜;;  烏野贔屓には土曜日までドキドキヒヤヒヤしたまんまとか、ち、ちょっと〜〜;; 全く落ち着けない週明けになりました;;
また来週カラーなんですね!!\(^o^)/・・・・・でもフルダテ先生そんなに無理なさらなくてもいいんですよとも思う。いわてBOXにも描き下ろしされてるし。もちろん嬉しい!!vvですが^^; ボックスは何とか第2弾も二期発送分で予約できました。米と蕎麦とリンゴ楽しみですvv

おくることば。ウシワカちゃんが五色くんに言った「お前のその実力で何を焦る必要があるんだ」はもちろんそうだけど、大地さんが山口くんに声かけた「ビビる事なんか一コも無え」もそうだよね^o^ それぞれ『主将』らしさがグっと出てるvvv 五色くんは無意識にも上がりまくってたテンションがいつも通りになったし、山口くんは主将に『一球を託された』ことが支えと自信になってる。チームが切り拓かれていく感じ、どっちもするんだけど、白鳥沢も烏野相手に新しい強さが出てきてるし、烏野はそりゃもう実戦で鍛えられて進化していってる途中だし、それが『個』にも表れてるように思えますvv

今週は翔陽様がまた引っ込むタイミングで・・・・・んと、ツッキー出てくるはずだし・・・・・えーと??ローテも入ると頭混乱してくるわ^^; 飛雄は成田さんといきなり合わせて、うまく合わなかったけどグイグイ次こそはって押してくの、イイ方にいってる・・・・・と思うよ。素直に修正してくる飛雄にちょっと気圧されつつ(笑)応じる成田さん・・・・このシーンもいいね!!のクリックボタンを押そうvvv  あ、ボタン無かったΣ

次号でこの試合終わる・・・・・?  いや、どうかな、案外その次かさらに次あたりかも。
posted by 大空綾 at 18:11| Comment(0) | 日記

2015年11月09日

ハイキュー181話

のんびりしてるとあっという間にまた週明けですね(^^)
ハイキュー舞台ライビュどうすっかなあ・・・・・冬コミ原稿進んでるか終わってれば行ける(笑) そんなに三次元化に興味ないクチだけど一度くらい観たいかな、とか。


さて!!毎週毎週烏野応援団は崖っぷちなんですが!! 二点差がなかなか縮まらずドキドキ展開続いてますね!! 烏野は白鳥沢がもう3点取る前に先に5点取らなきゃ勝てない;; ここからは一点ずつ得点シーンがっつり描かれるのかな・・・・・しばらく心臓に悪いね(^o^;)
ああ、飛雄は別に真下狙いのつもりじゃなかったのかΣ でも翔陽ちゃんは確実に点獲れる方を無意識に選んだんだね。勝つことへの、点を獲ることへの執念がどれだけのものなのか、まだ“相棒”の飛雄でさえ計り切れない^▽^ ろくに磨かれない原石に近い状態で烏野に来て、烏野で磨かれていくうちに、むしろどんどん底の無さが見えてくる。体格では不利な面も多いけど、勝ちへの貪欲さは体格と関係ないから。そしてこんなプレイが積み重なっていけば・・・・・

牛島が『なんか嫌だ。早く叩き潰したい』と翔陽ちゃんに思うのは、多分こういうところを脅威だと感じ取ってるから。だと思ってる。なんつーか、試合の勝ちの流れを引き寄せる力??とでも言うのかな、はっきり見えないのにいつの間にか持っていかれそうな、相手にとっては恐怖に近いもの。でもここまで『日向』に感じ取ってるのは、牛島と及川だけ。今んとこ^▽^
味方にとっては、最初の頃にスガさんが言ってた『苦しい時のあと一歩』。

瀬見さんは、決して“劣ってる”わけじゃないよ〜(^o^;) 今の牛島若利を軸にするならセッターは控え目な方がいいという現時点での判断によるだけだもの。だけど、それなら・・・・・セッターの意志と技術と、スパイカーの力量が上手く噛み合えばそれが最強なのでは??と思うんだけど(^^; 実際にバレーしてたらそんなもんでもないのかなあ??(^^;
でもさ、ウシワカちゃんはそこんとこ、求めてるんじゃないのかね? セッターの意志と自分がもっと上手く噛み合えばって思ってるんじゃ?? だから及川さんを求めてるんじゃないか??(*^^*)
俺に従わないセッターは要らない。が、選手の力をより引き出す能力を持つ及川さんは欲しいと。

こうして見ると、ツッキーが出てくるのも非常に意味が深くなるね。こんな流れの中に戻ってくる(^q^) あれ、でも白鳥沢セッターは瀬見さんのままか?
posted by 大空綾 at 19:24| Comment(0) | 日記