2015年11月09日

ハイキュー181話

のんびりしてるとあっという間にまた週明けですね(^^)
ハイキュー舞台ライビュどうすっかなあ・・・・・冬コミ原稿進んでるか終わってれば行ける(笑) そんなに三次元化に興味ないクチだけど一度くらい観たいかな、とか。


さて!!毎週毎週烏野応援団は崖っぷちなんですが!! 二点差がなかなか縮まらずドキドキ展開続いてますね!! 烏野は白鳥沢がもう3点取る前に先に5点取らなきゃ勝てない;; ここからは一点ずつ得点シーンがっつり描かれるのかな・・・・・しばらく心臓に悪いね(^o^;)
ああ、飛雄は別に真下狙いのつもりじゃなかったのかΣ でも翔陽ちゃんは確実に点獲れる方を無意識に選んだんだね。勝つことへの、点を獲ることへの執念がどれだけのものなのか、まだ“相棒”の飛雄でさえ計り切れない^▽^ ろくに磨かれない原石に近い状態で烏野に来て、烏野で磨かれていくうちに、むしろどんどん底の無さが見えてくる。体格では不利な面も多いけど、勝ちへの貪欲さは体格と関係ないから。そしてこんなプレイが積み重なっていけば・・・・・

牛島が『なんか嫌だ。早く叩き潰したい』と翔陽ちゃんに思うのは、多分こういうところを脅威だと感じ取ってるから。だと思ってる。なんつーか、試合の勝ちの流れを引き寄せる力??とでも言うのかな、はっきり見えないのにいつの間にか持っていかれそうな、相手にとっては恐怖に近いもの。でもここまで『日向』に感じ取ってるのは、牛島と及川だけ。今んとこ^▽^
味方にとっては、最初の頃にスガさんが言ってた『苦しい時のあと一歩』。

瀬見さんは、決して“劣ってる”わけじゃないよ〜(^o^;) 今の牛島若利を軸にするならセッターは控え目な方がいいという現時点での判断によるだけだもの。だけど、それなら・・・・・セッターの意志と技術と、スパイカーの力量が上手く噛み合えばそれが最強なのでは??と思うんだけど(^^; 実際にバレーしてたらそんなもんでもないのかなあ??(^^;
でもさ、ウシワカちゃんはそこんとこ、求めてるんじゃないのかね? セッターの意志と自分がもっと上手く噛み合えばって思ってるんじゃ?? だから及川さんを求めてるんじゃないか??(*^^*)
俺に従わないセッターは要らない。が、選手の力をより引き出す能力を持つ及川さんは欲しいと。

こうして見ると、ツッキーが出てくるのも非常に意味が深くなるね。こんな流れの中に戻ってくる(^q^) あれ、でも白鳥沢セッターは瀬見さんのままか?
posted by 大空綾 at 19:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: