2016年01月31日

「『エース』とおれと影山と」

宮城代表の座を賭けた決勝戦が終わった。
応援団してくれていた町内会チームや兄姉達が祝福の言葉もそこそこに『すぐ寄付金集めしなきゃ!! みんなに連絡だ!!』と慌ただしく走り去っていく。『おう、また後でなーー!!』烏養コーチが気ぜわしく言葉を返しているのが聞こえる。その後ろ姿を噛みしめ、日向は、影山と改めて顔見合わせてしみじみと実感が沸き上がってくる。
「うおおおおーー!! 勝ったあーー!!」「春高だーー!!」「オレンジコートだーー!!」
ひとしきり、みんなで言葉にして喜びを分かち合った。おもむろに主将が呟く。
「これで音駒との約束にも一歩近づいたな」
その言葉にみんな大きく頷いた。
「これに勝ったら全国!!に勝った・・・・・!!」
日向は影山を見上げて言った。
「ああ、そうだな。また試合出来るな」
影山はニィッと笑って答える。日向は満面の笑みを浮かべた。そこへ顧問の武田がみんなに近寄る。
「みなさん、ストレッチして落ち着いたらまた集合して下さいね。表彰式と閉会式にこのまま参加しますからね」
一瞬、生徒達はきょとんとする。武田は微笑んで頷いた。
「今日は決勝戦でした。皆さんは勝ってこの式に臨めるただ一つのチームです。それと、澤村くんと菅原くんはちょっと表彰状貰う時のリハーサルがありますので早めに来てほしいのですが大丈夫ですか?」
「「「・・・・・あ」」」
菅原と東峰は、はたと澤村を見て、それから互いに顔を見合わせる。
「うわー初めての体験」
菅原が笑って澤村に言った。東峰もほっとした顔で笑って言った。
「やっと最後の最後でチャンスものに出来たんだなあ」
「ああ・・・・・そうだな」
澤村が答えて、しみじみとする三年を見つめて後輩達はふおおおと変な声を出していた。
表彰式が始まる、整列していて、日向はふと何かの気配を感じた。
その方にチラリ向くと、牛島若利がこちらを見ているのと視線が合った。
「!!」
日向は思わず後ずさりしそうになる。試合は終わったが、変わらず突き刺すような燃えるオーラを纏った牛島がじっと見つめていた。日向は唾を飲み込みながら、かろうじてそのまま見返した。
(ああ、そうだ・・・・・あんなこと言ったけど、おれは何も勝っていない・・・・・)
とたんに、身の底から湧き起こる悔しさ。すうっと頭の中が静かに覚めていくのを感じながら、日向は牛島の目を見つめ返した。



烏野バレー部はいったん学校に戻った。
「ま、みんな今日はもうソワソワしてるだろうから、今日はこれだけな。じゃあ、一発、締めて上がれ」
烏養の言葉に全員が『はい』と素直に返事をした。そこに、すいっと澤村が前に進み出た。
「あの、武田先生、烏養さん」
「はい?」
「おう、なんかあるか?」
「あの・・・・・ここまでありがとうございました!!」
澤村は深く頭を下げた。それに部員達はハッとして、一斉に頭を下げる。
「「えっ?! えええ、な、なにをそんな」」
驚く大人二人に、澤村は続けた。
「またこれからもよろしくお願いします!!」
「しゃーーす!!」
部員達の声がきれいに揃って響いて、言われた二人はじんわりこみ上げてくるものをかろうじて押さえた。
「烏野!! ファィッオーーーーー!!!」
高らかに今日の戦いの終わりを告げる声が、いつもより元気に体育館にこだました。
軽いストレッチを終えて各自が思い思いに散らばる。日向はボールを弄りながら、なんとなく最後まで体育館に残る。影山も何気なく一緒に残る。
手元にあるボールを日向は思いっきり打った後、叫んだ。
「あーっ やっぱカッケエエーーっ」
日向はあえて口に出して言ってみた。いつもやっている、自分の中に溜まりまくる前に吐き出す厄落としのような発散方法だ。
「クソっ クソっ 悔しい! けどカッケエーんだからしゃーないよな!!」
主語は言わない。が、今でも鮮やかに思い出される『牛島若利』の力強く美しいフォーム。「チームのエースとしての誇りと自信と責任」それを具体的に人の姿にしたような、そんな存在感だった。日向は唇を噛み締める。
「おれ、なんも勝てなかった・・・・・」
「試合に勝ったんだからいいじゃねえか」
ぼそっと、日向の独り言に影山は答えた。満面の笑みで喜んでた日向だったが、人一倍前向きにマジメなので反省も人一倍前向きにマメにする。影山は側の壁にもたれて座り込んで、そんな日向を見つめていた。日向も、ぐりんと影山に顔を向ける。
「そっそれはそうだけど!! だけど、おれ、何一つ敵わなかった」
「当たり前だろボゲェやっとこ本格的に練習し始めたお前がどうこう出来る人じゃねえ現況を見ろボゲェ」
「現況は見てるっっ でもそれでも悔しくてしょーがないんだからしょーがないだろっっ」
「だから悔しがるのがそもそも時間のムダだお前はまだそのレベルにいってねえだろが」
「どうしてそこで人の心折るんですか影山サンは」
そんな変人コンビの会話を、少し離れたところで、田中が腹をかかえて笑いながら聞いていた。そこへ西谷もやって来た。
「翔陽はまだ悶えてんのか?」
「おう、ノヤっさん。バス内に引き続きまだ日向ひとり反省会中〜。まーだ悔しがってる」
「ははは」
「あの初心者に毛が生えた程度の日向がウシワカに敵うわけねーじゃん。悔しがンの早すぎだろ」
「まあ、現状そうなんだけどな。けど、翔陽のあのよく分からねえが強靭な闘志を俺は買ってるぜ」
烏野の守護神は愉快げに笑って言った。田中もニカッと楽しそうに笑う。
「日向のよく分かんねー根拠ナイ自信がウチらを引っ張ってるのは確かだな」
「そうだ。ってところで、おーい、翔陽! 影山、そろそろ鍵閉めるぞー! 先生と烏養さんが軽くメシおごってくれるってよ。こないだの店、寄れるヤツは来いって」
西谷が呼び掛けると、ぱっと振り返った日向と影山の腹が、グウと同時に鳴った。もちろんバレー部全員でまたまた【おすわり】にお邪魔することになった。あの『夏の戦い』が終わった時も食べた、あのお店にもう一度、チームのみんなで行った。

今回は使うスペースの都合でテーブルが分かれていた。が、決勝戦を戦い終えたみんなの心はひとつ。
ホッとしたら一気に襲ってくる疲労感を心地よく共有した。ひととき襲い来る眠気からようやく復活したのを見て、烏養は日向を隣に呼ぶ。
「さっきから、悶々してたみてえだが、で・・・・・どうした?」
「あ・・・・・あの、おれ、なんにも勝ててなくて、チームが勝ったからそれですっごくイイんですけど、でもおれは本当にやりきれてなくて・・・・・・」
烏養はよくやってたとはここでは言わないで問う。
「牛島みたいな選手を羨ましいと思うか?」
「・・・・・ハイ」
「まあそうだろうと思うけど・・・・・でも、今の日向の動きを支えてるのもその身体だからなあー・・・・・痛し痒しだな」
「えっ?」
「日向。お前のスピードとジャンプ力が今、目一杯有効なのは今の身の軽さだからだ。重力との戦いにおいては、軽い方が有利なのは事実だ。だから、身長伸びて当然体重も増えりゃその分、今までと同じに飛べなくなる可能性は高い」
「えっ! ええええ・・・・・あ、あの、そ、それはっ」
「お前が望むことも分かるし、そりゃそうだろって思うが、でも逆に今の持ち味は無くなるってのも、まあ、事実だな」
「ううううう」
烏養も言いながら困ったように笑い、日向は唸る。
「筋肉も【重い】モンだからな、やみくもにつけりゃいいってもんでもない。張り切ってつけ過ぎると・・・・・影山のトスに合わせて動けなくなる、だからな」
「!!」
その瞬間、スッと日向の表情が消えた。烏養と、その場の全員がつい思わず息を飲むほどに。
「おれは、影山のトスが打ちたい。だから影山のトスを打てなくなる身体は嫌です」
びっくりするほど静かな声で、日向はそう答えた。烏養はコクリ頷く。
「それなら話は早い。羨ましい気持ちと自分がしたいことは別でいいんだからな」
日向はコーチを見上げた。
「エースという形はコレとか、別に決まってるワケじゃねえし」
そう烏養は続けた。日向は大きく目を見開いて大きく頷く。
「おれは飛べる!とか言ってたクセに、飛べなくなる方向に考えてどーすんだボゲ」
そんな声がそこに降ってきて、烏養は苦笑いを浮かべ、日向はまたキッと睨み上げる。
「ちっ違う!! おれは羨ま・・・しいし悔しいけど!! でも自分が持ってるもので戦いたい!! そんでもっておれが持ってるものなら、影山のトスが打てる!!」
そこまでの言葉を聞いて影山は笑う。
「なんだ、気にしてる割にスッキリ分かってんじゃねえか」
烏養が手でお前もここに座れと影山に指し示す。月島がやれやれというようにため息をつき、山口と谷地が微笑み合う。女将さんが、「今日はちょいサービスだよ」と言ってデザートを奮発してくれた。


美味しくデザートを頂きながら、縁下が田中と西谷にニッコリ宣言した。
「今度こそ、期末テスト自分で頑張らないとダメだぞ」
口調はとても優しい。
が、聞こえた変人コンビの方が背筋が伸びていた。







*************************************************


というわけで、烏野男子バレー部春高出場おめでとう!!
第189話を見た時点で書いています。あれこれ感想が一杯あるけど、とにかく県大会突破おめでとう烏野vvv







posted by 大空綾 at 20:28| Comment(0) | 書きもの(ハイキュー)

2015年02月15日

「ひなどりダイアリー」(日影)

【ヒナガラス共存】
烏野の町に住むと『護りカラス』が与えられる。一人につき一羽、その人だけの護りの一羽。それぞれの『護り烏』は付いてる当人とその『親しい』人間にしか視えない。一生を共に過ごし、ついてる人間が死ぬと共に【死ぬ】という、ややファンタジー系の霊的なもの。                                                           という設定でお読み下さい。





おや、と思って目をこらすと、黒い小さな塊みたいなものが影山にくっついているのが見えた。日向は目をしばたいてもう一度影山にチラッと視線を投げる。
(なんだろ?・・・・・気のせいじゃないよなー・・・・・影山の側になんかいる・・・・・)
肩に、頭に、場所をちょこちょこ変えて何かが動いている。が、そこまで考えて、はたと気づいた。
(もしかして、おれにも視えてる?・・・・・・影山の護り烏)
どうして今日になって視えるようになってるのか分からないけれど、そろそろそういう時期なのかもしれない。日向は自然と笑みがこぼれる。もっと近づけるチャンスを願った。


(日向の頭に何かいる・・・・・)
影山は最初そう思った。各自休憩でスポドリを飲みながら何気なく見た日向の後ろ姿。背を向けて立っている日向の頭の上に黒っぽい小さな何かがいて、それは影山の目の前でちょんちょんと動いた。
(あ?! 日向の護り烏か?!)
なぜか今日になって視えている。視線を感じたのか向きを変えてこちらに正面を見せたそれは、確かに小さな鳥だった。ジッと見入ったら、主と似た明るい色の羽毛を冠した雛ガラスもこっちを見返した。
(わ、他人の雛ガラスもこう見えるのか)
ちょこんと頭の上に乗り首をかしげてこちらをみている。当の日向はまだ熱心に立ったまま先輩達の練習を見ていた。互いに見つめ合い・・・・影山は思わず一歩近寄り、手のひらを烏の方に差し出してみた・・・・・すると雛ガラスは、待ってたかのように躊躇する様子も見せず。案外あっさりと、ふわりと跳ねて手の上に乗ってきた。
(うわあ・・・・・)
ちょこんと座り怖がりもせず日向の雛ガラスは影山を見上げてくる。もう片方の手で恐る恐る頭を撫でてみたら、おとなしく撫でられている。それどころか近づけた手のひらに頭を擦り寄せるような仕草をした。
(!!・・・・・カワイイ!!)
そんな感情に胸がきゅんとなる。
「あれ? 影山おれの雛ガラス視えてんの?!」
と、日向の声が飛んできた。ハッとして振り向くと、こちらの動きに気づいた日向が目をキラキラさせて影山を見つめていた。
「あ、お、おう。いや気づいたの今だけど」
答えると途端にぱあっと日向は笑顔になる。
「やったあ!! 影山がおれのヒナガラス視えてんの嬉しいな!! な、なあ、お前んとこの雛ガラス、その肩に隠れているの、そうだよな? おれもそっち触っていい?」
ハッとして影山は日向を見返す。
「お前も俺の視えてんのか?」
「うん! ちょっと前から何かいるなあって」
「そうか。いいぜ」
答えると日向は本当に嬉しそうに影山に近寄り、その肩に向けて左手を差し出した。
「おいで」
日向が声をかける。影山の首の後ろに隠れるようにして肩から顔を覗かせていた小さな塊は、ぴょんと全身を現した。艶やかな漆黒の羽の雛ガラス。期待を込めて見つめる日向を見つめ返して、それからまた軽くジャンプした。
「うわあ」
日向は手のひらに乗ってきた影山の雛ガラスを満面の笑みで迎える。
「可愛いなーー」
そう言いながら日向ももう片方の手で頭を撫でる。漆黒の雛ガラスは気持ち良さそうに擦り寄る仕草をした。
「うへへ、可愛いー」
「そ、そんなに可愛く見えるか?」
「うん!! すっげー可愛い!!」
「そ、そうか・・・・・」
無邪気で照れもしない日向は真っ直ぐ影山を見上げる。そして、ふと、日向は気づく。
(あれ? なんか影山いつもと違う?・・・・・)
影山もこちらの雛ガラスを手のひらに乗せて撫でている・・・・・
「あーーっっ」
いきなり日向は声を上げた。
「な? なんだ?!」
と言ったのは勿論人間だけで、二羽の雛ガラスの方はたいして驚きもせずきょとんと見上げている。
「なんか影山の顔眉間にシワ無い! すっげえ優しい顔してる!!」
「はぁ?!」
「なに?! なんでそんなにデレ全開なの?! ヒナガラスだから?!」
「な、なに言ってんだお前」
日向は今度はむーっとした顔をしている。影山は、日向と、手の上のヒナガラスを交互に見て言った。
「お前の雛ガラスだし・・・・・・なにワケ分からんこと言ってんだボゲェ」
「な・・・・・なんか悔しいんですけど影山さんっ」
日向の手の上でピィと影山の雛ガラスが鳴いた。
「お、あっと、ごめん、お前もすっげー可愛いよ〜〜!!」
いきなり蕩けた顔になって日向はそう言ってまた撫でてやる。
「お前こそクソ恥ずかしーセリフ言ってんじゃねえよっ」
「えー? なんでだよー?」
影山の顔がちょっと赤い。そこに菅原が笑いながら近付いてきた。
「二人ともまた何を・・・・・・あれ?」
菅原は二人の手元に目を向ける。日向と影山は、先輩の顔の横の空間を見つめた。
「うわー!! めんこいなーー!!」
後輩二人の護り烏を両手に乗せて副主将はご満悦である。
posted by 大空綾 at 17:55| Comment(0) | 書きもの(ハイキュー)